2021/12資産状況

2021/12資産状況
スポンサーリンク

前月との比較

資産総額現預金株・ETF投資信託
11月末47,367,64714,864,95219,193,41312,172,594
12月末50,141,10613,030,45020,199,63615,684,370

資産総額は、275円増加しました。

入金・積立てで130万円あったので、資産運用によって145万円増加しました。

今月は、年末に向かって米国市場が最高値更新するなど、堅調に資産が増加しました。
比べて日本株は、金融資産課税や自社株買い規制など、市場が冷え込むような岸田総理の発言等によって伸び悩みました。
これを受けて、日本の個人投資家の資金は海外に向かうことになったようです。

今月のスポット買い
・emaxis slim 全世界株式
・emaxis neo 宇宙開発
・地球コンプリート 150万円
・債券ETF2銘柄 30万円

地球コンプリートは2倍レバレッジになっていますが、emaxisslim全世界株式の動きと比べて、概ね1.6倍程度です。(保有してから数日しか経っていないので何とも言えませんが)

資産状況

入金が多かったのと、市場が堅調だったことから大きく資産が増加し、5000万円を超えてきました。
本年は、1200万円を超える増加となりました。

本業の所得が昨年に比べて2倍になったことが資産増加に寄与した要因です。
来年以降も、入金力アップのため、本業には力を入れていきたいと思います。

アセットアロケーション

このところの方針どおり、債券ETFと外国株投資信託を増やしました。当面はこの傾向です。

出口戦略について、積み立てた投資信託を切り崩していくことには、相当程度のストレスがあるとの声がありました。
確かに、セミリタイアすることになったとき、積み立てた投信を売っていくのは抵抗がありそうだなと感じました。
ということで、配当がある資産(高配当ETFなど)を積み立てて、まずは年120万円くらいまでにはしたいなと思います。

積立状況

毎月の積立は288,000円です。

SBI

SBI・V全米株式インデックス 50,000円/月
SBI・V全米株式インデックス 5,000円/日(110,000円/月)

SPYD SPDR Portfolio S&P 500高配当ETF 2口/月(約10,000円)
HDV iシェアーズ・コア 米国高配当 ETF 1口/月(約10,000円)

SBI・V全米株式インデックスは、2,000円/日に戻すかも知れません。

楽天

・積立NISA
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 33333円/月
※今月よりオルカンに一本化

・投資信託
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)  41667円/月
eMAXIS Neo 宇宙開発 10000円/月

前月と変更ありません。
楽天証券、楽天銀行の改悪が話題ですが、あまり気にしていません。このままSBIと楽天で積み立てていきます。

余談ですが、日本人は「良いものを安く」というマインドから脱却しなければ、益々経済が縮んでしまいます。ある程度の値上げを容認していかないと、海外のように経済成長、所得増加は見込めません。
値上げを敵視する傾向にありますが、これまで良いサービスを受けてきた企業が値上げしたときには応援するくらいでないと、日本経済は益々停滞していくだけだと感じています。

iDeCo

EXE-i新興国株式ファンド 25%
ニッセイ外国株式インデックス 75%

23,000/月

新興国の株価が戻れば、ニッセイ外国株式に一本化します。
SBIベネフィットで運用しているiDeCoですが、開始当初はオリジナルプランが優位だったものの、最近はオリジナルプランが廃止されセレクトプランに優位性があります。
セレクトプランの方が信託報酬が安い投信が多いので、セレクトプランへの変更を計画しています。

資産状況
スポンサーリンク

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

そらシューをフォローする
この記事を書いた人

投資の必要性に気付き、マネーリテラシーの向上と資産運用に取り組んでいます。
運用は、ideco、積立nisa、ETF、投資信託によるインデックス積立投資です。

そらシューをフォローする
そらシューの資産運用ブログ
タイトルとURLをコピーしました