2022/1資産状況

202201資産状況資産状況
スポンサーリンク

前月との比較

資産総額現預金株・ETF投資信託
12月末50,141,10613,030,45020,199,63615,684,370
1月末49,806,68611,178,73322,070,56415,392,080

資産総額は、35万円減少しました。

入金・積立てで170万円あったので、資産運用によって200万円超減少しました。

今月はテーパリング、利上げ、QTの憶測から、かなり下げる展開でした。
ちょっと見通しが甘かったです。

今月のスポット買い
レバナス 150万円 後日一部売却
債券ETF 155万円
オルカン 20万円
ナス100 30万円

youtubeなどで色んな方の意見を見ていると、これから本格的な下げがあるようなので、レバナスと地球コンプリートのレバレッジ商品を100万円ほど売却しました。
次の大きな下げで、もう一度買いなおします。

資産状況

140万円ほど追加入金したものの、下落の勢いに追い付かず、5000万円を割り込みました。しばらくは下目線になるので厳しいところですが、大きく下げたときはチャンスになるので、色々な意見を参考にしてチャンスを活かしたいと思います。

今後の見通し(私見)

1月のFOMC前に、相当の下落相場がありました。
FOMC後の現時点においても、利上げやQTの時期・規模について不透明な状況に変わりはありません。

この先も、1月の下落相場が何度も起こりながら、利上げやQTを盛り込んでいずれは上昇していくものと思います。

前回利上げ時の2015年や2018年の調整局面が参考になるかも知れませんが、その時と違うのはインフレ率が大きく上昇しており、かなり対応策に苦慮しているという点です。
上昇したインフレを抑えるためには、多少の株価下落も致し方ない状況であると考えられるため、今後、まだまだ下値を掘る展開を予想するのが自然ではないか、という結論から、レバレッジのポジションを減らしました。

全く素人考えですが、ナスダック100は、12,500くらいまでは下落するという予測を立てました。そこまで下がれば、少し買い増しします。

市場の原則的な動きを考えれば、2月上旬は反発するものの、最高値更新はできず、多少のボックスを形成するかも知れませんが、いずれ下落に転じて直近最安値を更新して加速していきます。

アセットアロケーション

債券の割合が多めだったので、今回の下落も4%程度に抑えられました。
上昇局面で不利にはなりますが、年齢を考えれば良い戦略だったと思います。今後も債券割合は増やしていきます。
その前に、今回の底あたりでレバレッジ商品を仕込みたいですね。

積立状況

SBI

SBI・V全米株式インデックス 50,000円/月
SBI・V全米株式インデックス 5,000円/日(110,000円/月)

SPYD SPDR Portfolio S&P 500高配当ETF 2口/月(約10,000円)
HDV iシェアーズ・コア 米国高配当 ETF 1口/月(約10,000円)

前月と変更ありません。

楽天

・積立NISA
eMAXIS SlimS&P500 33333円/月

・投資信託
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)  41667円/月

積立NISAは、S&P500に変更しました。
今年は米国が低調との予測なので、安いときに仕込んでおこうと思いました。

iDeCo

EXE-i新興国株式ファンド 25%
ニッセイ外国株式インデックス 75%

23,000/月

前月と変更ありません。

プラン変更の手続中のため、3月からは新プランでの積み立て開始になりそうです。

資産状況
スポンサーリンク

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

そらシューをフォローする
この記事を書いた人
そらシュー

投資の必要性に気付き、マネーリテラシーの向上と資産運用に取り組んでいます。
運用は、ideco、積立nisa、ETF、投資信託によるインデックス積立投資です。

そらシューをフォローする
そらシューの資産運用ブログ
タイトルとURLをコピーしました