投資に興味がない方に読んでほしい書籍5冊

読書書籍
スポンサーリンク

投資とは何かを知ってみる

投資はギャンブル、投資は大損する、投資ってなんかあやしい、って思っている方には、ぜひ、投資の本を読んでいただいて、その上で投資をするか否かを判断してもらうといいかなって思います。
日本では特にバブル崩壊という、株が暴落した経験から株は怖いというイメージが先行しています。きちんとした知識を持った上で行う投資は、大損することもなく、確実に資産が増えたという過去を知ってほしいです。

はじめから難しい本を読むのはちょっと、という方に、そらシューが実際に読んだ本の中から、読みやすい本を取り上げてみたいと思います。

おカネの教室

中学生の男女とそろばん勘定教室の顧問が登場人物の小説です。
小説を読みながらお金について色々なことを知ることが出来るので、本で投資の勉強をするということに抵抗がある方は、小説を読むつもりでこの本を読んでみてはいかがでしょうか。

おすすめ度:★★★★☆ 星4つ

まんがでわかるピケティの「21世紀の資本」

r > g
これが何かわからないという方は、ぜひこの本を読んでみてほしいです。
なぜ投資をするのか、という原点を知ることができます。
文鳥を飼う女性が主人公のマンガです。少し切ない気持ちになりましたが、そらシューが投資の必要性を感じるキッカケとなった本です。

おすすめ度:★★★★★ 星5つ

働き方の損益分岐点

投資初心者向けというよりは、働くことに疑問を持たない方に読んでもらいたい本です。

日本人は、額に汗して働くことが美徳という風潮ですが、働くということの本質を知ることは大切だと思います。
給与とは何か、何を意味するのかを知り、給与のために働くことをやめて自分の価値のために働き、有形無形の資産を築いていくことが必要だと知ることができます。

おすすめ度:★★★★☆ 星4つ

iDeCoプロの運用教えてあげる!

投資を行うなら、まずは税金等で優遇されているiDeCoやNISAからはじめてみるといいですね。
比較的安易に書かれていて、この一冊で実際に投資を始めるまでがわかります。

※新版があります

おすすめ度:★★★★★ 星5つ

カイジ「命より重い! 」お金の話

「カイジ」のシーンが織り交ぜられています。
お金の基本、本質、お金の怖さを知ることが出来ます。日頃何気なく使っているお金を見直すことが出来るかも知れません
「お金で幸せは買えないが、お金で自由は買える」が印象的でした。

おすすめ度:★★★★☆ 星4つ

その他人気のある書籍

そらシューは未読のため番外としましたが、投資に必要性に疑問がある方やマネーリテラシーの基本を知りたい方に最適だと思われます。

バビロン大富豪の教え

お金の大学

書籍
スポンサーリンク

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

そらシューをフォローする
この記事を書いた人
そらシュー

投資の必要性に気付き、マネーリテラシーの向上と資産運用に取り組んでいます。
運用は、ideco、積立nisa、ETF、投資信託によるインデックス積立投資です。

そらシューをフォローする
そらシューの資産運用ブログ
タイトルとURLをコピーしました