老後2000万円どう貯める?

老後2000ideco・年金

老後に2000万円足りなくなる?

えええ…

年金って100年安心って言ってたよね?

スポンサーリンク

老後2000万円問題

老後2000万円問題とは、金融庁の金融審議会「市場ワーキング・グループ」の報告書「高齢社会における資産形成・管理」が発端となっています。

(出所)家計調査年報(家計収支編)平成29年(2017年)

上記は、夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯をモデルとしています。

毎月の不足額の平均は約5万円であり、まだ20~30年の人生があるとすれば、不足額の総額は単純計算で1,300万円~2,000万円になる。

出典:市場ワーキング・グループの報告書「高齢社会における資産形成・管理」

この報告書を、マスコミが老後に2000万円不足すると取り上げたことが、大きな話題となりました。

具体的な数字を見てみると、これがすべての世帯にあてはまるものではないことがわかると思います。個々それぞれが、どれくらいの生活費がかかるのかをシミュレーションし、老後の収入(年金など)と比較して足りるのか不足するのかを確認する必要があります。

足りない場合は、どれくらいの金額が不足するのか、その金額をこれから老後に向けてどのように資産形成していくのかを考えるキッカケにしていただくとよいかと思います。

2000万円をどう貯めるか

20歳からはじめるのと、40歳からはじめるのでは違いがあります。

また、どのように貯めるのか、銀行の積立預金をするのか、低リスクの債権を運用するのか、高リスクの株式で運用するのか、それぞれのライフプランに合わせて計画していく必要があります。

20歳から積立預金で2000万円貯めるには

現状、利息は付かないと考える必要があります。

65歳までに2000万円貯めるには

2000万円 ÷ 45 ÷ 12 = 37,037円/月々に積み立てる金額

40歳から積立預金で2000万円貯めるには

同様に、利息は付かないと考えます。

65歳までに2000万円貯めるには

2000万円 ÷ 25 ÷ 12 = 66,666円/月々に積み立てる金額

40歳から利回り3%で2000万円を積み立てるには

金融庁HPでシミュレーションできます

比較的リスクが低いと言われる債権で運用した場合、利回り3%程度が期待できるかと思われます。

この場合、積み立てた元本は1345万円で2000万円に到達します。

毎月の積立金額は、44,842円です。

貯金に比べて、月々の金額はが「66,666円-44,842円」で、2万円程度少なくて済みます。
月2万円は大きいですね。

40歳から利回り5%で2000万円を積み立てるには

金融庁のHPでシミュレーションできます

ややリスクが高い株式で運用した場合、利回りは5%~9%程度と言われています。もちろん、リーマンショックなどの暴落時も含んでの平均利回りです。

低めの5%でシミュレーションした場合、1007万円の元本で2000万円に到達します。
平均5%の利回りで25年積み立てれば、2倍になるということです。

月々の積立金額は、33,585円です。

積立預金との差額は、3万3千円と、半分になります。

40歳からでも十分可能ですね。

如何に長期の積立が有利かがわかっていただけると思います。
ですから、思い立った今直ぐに始めるのが一番良いという結論に至ります。

iDeCoや積立NISAがお得です

長期積み立てるには、税制優遇のあるiDeCoや積立NISAを利用すると、さらに少ない元本で目標額に到達します。

iDeCoも積立NISAも、運用益に特別な控除があったり非課税(通常は20%もの税金がかかる)になったり、さらにiDeCoは年末調整(確定申告)により税金の控除ができます。

iDeCoについては、下記記事を参考にしてみてください。資産形成をするならiDeCoからです。

ideco・年金
スポンサーリンク

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

そらシューをフォローする
この記事を書いた人
そらシュー

投資の必要性に気付き、マネーリテラシーの向上と資産運用に取り組んでいます。
運用は、ideco、積立nisa、ETF、投資信託によるインデックス積立投資です。

そらシューをフォローする
そらシューの資産運用ブログ
タイトルとURLをコピーしました